「インタビュー:安倍首相、歴史修正主義の疑念払拭を=河野洋平氏 | Reuters」という報道があった。

 わたしが安倍に対して問題だとしている部分をすべて代弁してくれているので、あえてポイントを抽出せずにおく。根本的には消極的支持や組織票、さらに多弱の野党の自滅により、結果的に支持率不相応な議席をとったがために、国民が選択した代議士による間接選挙によって首相になれたにもかかわらず、あたかも直接選挙で選ばれたかのごとく独裁的な政治を行っているのが安倍である。

 安倍とその取り巻きたちは、大日本帝国憲法と国家総動員法下の戦中回帰主義であり、新自由主義ばかりで国民を全く顧みていないと感じる。

広告