このblogは、MarsEditでMarkdown記法で書き、MarsEditでWordPress.comに投稿している。

 このような環境において、何かのきっかけで修正しようとMarsEditで過去記事を再度開いたときにとても気持ち悪いのが、Markdown記法で記述したはずがHTMLタグが容赦なく追加されて保存されるという仕様だ。

 そもそも、MarsEditのPreferenceにあるDefault Editor Modeには、Rich TextとHTML Textしかなく、plain textであるMarkdownというモードは存在せず、Markdown記法で記述する場合は、HTMLもMarkdownもplain textなのだからHTML Textモードで書けということのようだ。ここまでは暗喩的に仕方がないと諦めることはできる。

 しかし、過去記事を再利用するときには、HTMLで保存されたものをHTMLで修正せねばならないので、わたしとしては苦痛だ。根本的に「Markdown記法で書いたものは、何らの変更を加えずそのままMarkdown記法で保存してくれ」と。

 Markdown記法は最近のWEBサービス系エンジニアに好まれているようなので、わたしと同様な感覚を持っている先達はいるはずだとBingとGoogleで漁ってみたところ、上記の振る舞いに至る設定があることが記載されているMarsEditの公式blog記事に行き着いた。

 いわく、Site Settingの”Apply preview filter to content”のチェックを外せということらしい。(下のスクリーンショット参照)

img

 試してみたところ、確かにHTML化されずにMarkdownのままで保存されるようだ。

広告