「日本語文章校正ツール」なるWEBサービスを知ったので、「ご利用方法・ご利用規約」を見に行ったところ、ある段落で主張していることを別の段落で否定しているなど文書として一貫しておらず、何をいっているのか全く分からない。

 早い話が「ヤフージャパン株式会社に入力された文字列をすべて第三者提供しているけれど後は知らないよ」だろう。こんなWEBサービスを信頼できる訳がないし、第三者提供先の企業は、プライバシーフリーク(定義:ヤフージャパン執行役員社長室長別所直哉)などを造語する企業であり、何ら日本語に関する製品を出している訳でもなく、検索エンジンでさえGoogle製を使っているので日本語に特化した検索ノウハウを持つ訳でもない。このように日本語文法の何を知っているのかはなはだ疑問なヤフージャパン株式会社にまともな日本語を指摘できるとはとても思えない。

 連綿と日本語IMEの性能向上のために日本語解析とその最適化を積んできた「ATOKクラウド文章校正 | ATOK.com」を使った方がはるかにましではなかろうか?

 どこぞのばか社員がリリースを出すために、このWEBサービスを使って日本語校正もどきを行い、ヤフージャパン株式会社に情報だだ漏らしをするのだろう。

広告