ふと「ペットの殺処分問題|動物愛護情報|公益財団法人 神奈川県動物愛護協会」に行き当たったのだが、提示されているグラフを見てがくぜんとした。

 左Y軸は0基点だから良いのだが、右Y軸の基点をよく見て欲しい。なんと82%が起点であり、殺処分率の低下を意図的に誇大表示している。なお、クソグラフであるため、これを指摘するために強調およびコメントを当方で入れた。

img

本来のこのグラフは、「統計資料 犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」の「全国の犬・猫の引取り数の推移」が正しい。

img

本来は「殺処分率は低下傾向にあるものの高止まりしている」と読み取らせるべきところを「殺処分率がこんなに激減しています」といいたげな誤認を誘っている。

公益財団法人 神奈川県動物愛護協会」は折線グラフの作り方の基本さえ知らない上に、誤認を誘う情報提供するクソ団体丸出しで良いのか?

広告