USBハブいらず

ASCII.jp:無限にUSBポートを増やせるケーブルが国内販売決定」という記事があり、「InfiniteUSB/インフィニットUSB -日本ポステック株式会社-」を知った。

USBハブいらず。2015.05.13時点ではAmazonにはなかった。

広告

その行為は今行う必要性があるのか

野生イルカ入手で資格停止「いじめだ」 和歌山知事批判:朝日新聞デジタル」という報道があった。

なんでも「伝統」の御旗の元に時代を考慮することなく、ホロコーストを容認する愚鈍な知事がいるようだ。

そのホロコーストを食糧事情などで必要とする時代はあったろう。しかし、今は21世紀だ。わざわざイルカを食料とする必要はどこにあるのだろう? かの県では鎖県でもしていてイルカ以外の動物性蛋白質を摂取できないのだろうか?

また、イルカ漁以外に漁業は成り立たないのだろうか?

「養殖繁殖させたものだけ展示するなら、今の何分の1くらいになってしまうのか」

何分の一にしないための人工繁殖技術を磨いて地域創生のネタにするという対案を出しておく。ホロコーストを全世界に

「希少種なんて(養殖は)絶対にできない。」

パンダの人工繁殖の成果はどうだ?

「考える能力のない組織かもしれない」

考える能力のない県知事なのだね。佐賀県武雄市以外にも行きたくないところが増えたよ。

RAIDは怖い

職場で役立つデジタル化レシピ:5分で分かる、NASの耐障害性を高める「RAID」の種類とその特徴 – ITmedia エンタープライズ」という記事があった。

RAID0からRAID10までの長所と短所を比較しているが、最低限おさえておかないとならないことを記述していない。それは「RAIDコントローラが逝ったら丸ごとダメになる」だ。

以前からわたしのTwitterを眺めていた方はご存じだろうが、RAID6で運用していたNASが、ある日5台差してあるうちの1台の故障の検出をきっかけにRAIDコントローラが逝ってしまい、ハードとしては生きている4台が論理的には使えない文鎮になった実体験がある。

記録媒体の冗長化だけではなく、RAIDコントローラの冗長化も必要なのではないだろうかと思うにいたる。