SafariでAdBlock

長らくSafari専用に書かれているからとAdBlock Safari Extensionを使ってきたが、japan.cnet.comとjapan.zdnet.comを開くと当該ページをレンダリングしているプロセスが暴走状態になり、このプロセスを強制終了させるとほかのタブも巻き込んですべてがリロードされるという事象が、公式フォーラムで報告したにも関わらずいつまでも治らなかった。

仕方がないので代替えを探していたところ、「CPU使用率が下がらないのはアイツのせいだった!アレをアレに変えたら解決! – すりゴマ・ドットコム」という記事があり、Adblock Plusを推奨していた。

しかし、AdBlock Plusというと、「Google等の企業は、Adblock Plusに料金を払って自社広告を通しているらしい | TechCrunch Japan」のように、金銭の提供を請けた広告についてはブロック対象から外しているという話もあってためらったのだが、GPLv3に基づくopen sourceであるとの記載があったので使用してみたところ、冒頭の事象は発生しないことが確認できたので、今後は使用を継続しようと思う。

ただ、惜しむらくは、自前フィルタのimportが一部しかできず、ほぼ1から作り直しになったことだ。

また、feedlyでの無駄feedの指定の書式も違うので取り上げておく。

feedly.com##div[data-title^=”昨日、一番読まれた記事は:”]

feedly.com##div[title^=”昨日、一番読まれた記事は:”]

と記述する。”data-“部分は不要ということ。

— 以下、1240時訂正 —

japan.zdnet.comで再現することを確認したので、当該記事を全面的に取り消す。

uAdBlockでも再現したし、根本的にjapan.zdnet.ccomとjapan.cnet.comはAdBlockに対してクソなのか?

広告