ないなら作れ?

Appleの教えに従ってGUIのみで使っている分には気にならないが、HFS Plus file systemの拡張属性がときどき邪魔になる。特に “com.apple.metadata:kMDItemWhereFroms” さん。これはThe Internetのどこからかダウンロードしたものに付加される拡張属性情報なのだが、たまにえらく長大なURLが記載されていて無駄にstorageの使用ブロックを増やすことになる。

拡張属性の付加状況を調べるには、

“ ls -l@ 調べたいフォルダパス名またはファイル名

をした上で、

“ xattr -d com.apple.metadata:kMDItemWhereFroms ファイル名

で個別に削除するか、

“ xattr -d com.apple.metadata:kMDItemWhereFroms フォルダパス名/.

で一括削除できるのでClipMenuのスニペット等に覚えてもらっておくのも手ではある。

しかし、ここでふとClassic MacOS時代にリソース書き換えでお世話になったFileBuddyを思い出したのだが、あいにくと拡張属性はサポートしていないようだ。またBingさんやGoogle先生もGUIのものはご存じないそうだ。

ということは「ないなら作れ」の格言通り、Swiftの勉強を含めて自作する? ファイルを開かれたりドロップされたら付加されている(付加可能なものも含む)拡張属性の一覧を表示して、一覧から拡張属性をクリックされたら内容を表示し、一覧の項目上で1本指フリックを受け付けるようにして、右フリックされたら追加または変更、左フリックされたら削除とすれば今どき風のGUIになるかね? まぁ、機能実行自体はxattrコマンドを叩く方向で(笑)

需要はないよね? ね?

広告