WatorfoxでAdGuard

お気に入りバーを常時表示しているブラウザウインドウと常時表示していないブラウザウインドウの両方を使い分けたくて、Safariでこれを試してみたところ、

  • お気に入りバーを表示するとした1枚目のウインドウを開いたままにする。
  • 2枚目のウインドウを開いて、お気に入りバーの表示をオフにする。
  • 1枚目のウインドウを何かのきっかけで閉じる。
  • 3枚目のウインドウを開くと2枚目で指定した状態が維持されて表示される。

意識的には1枚目のウインドウを復旧するために3枚目を開いたはずが、2枚目の表示状況を維持されてしまうので意識と違う状態となってしまって、お気に入りバーを表示させるという操作が必要になる。仕様的には「最後に指定された表示状況を次のウインドウにも反映する」なのだろうけれど、ちょいと気に入らない。

で、できないことをさせようとしても仕方がないので、ならば別のブラウザを動かしておけばいいではないかと思うに至った。別のブラウザを動かすのであればSafariとは別系統のものを使ってみようと考えた。
今はやりのChrome系はGoogleに情報だだ漏らしの上に源流はSafariと同じWebKit系なのでパスした。また、由緒正しきNeXTSTEPからあるOmniWebとも考えたがこれもWebKitだ。他の選択肢はというとmacOSの場合の残りはFirefoxとなる。
しかし、本流のFirefoxをそのまま使っても面白くないよねと派生を漁ってみたところ、Palemoonの評判が良かったのでmacOS版の開発状況を見たらおざなりというか放置状態だった。Windows版と同じように開発が活発なものはないかと漁りなおしたところ、Waterfoxさんに巡り会った。

さて、Waterfoxをinstallしたものの、最低限必要なExtensionであるGhostery1Passwordをinstallしようとググったところ、いきなり「安全な接続ではありません」と怒られた。
googleはHTTPS接続なので「Googleの証明書が確認できないよ」の意だろうと気づき、そういえばAdguard for Macを使っているのが影響しているだろうと当たりを付けてググり直すものの、出てくるものはWindows版の対処方法のみだった。
そのWindows版の対処方法は、これで、いわく「AdGuardの証明書はここにあるからFirefoxに食わせろ」なのだけれど、Spotlightに探させてもそれらしいものは見つけてくれず。

仕方がないので、AdGuardのTwitterアカウントに質問を投げたらサポートにチケットを切ってくれとのこと。そうしたところ、30分で対処方法の手順を送ってくれた。わたしは日本でAdGuardはキプロスという時差がいい方向に働いてくれた。
送られてきた手順で問題なくWatorfoxが使えるようになったので、謝意を示すとともにKBにも追加しておいてくれと希望した返事を返しておいた。

ここまでのgoogle検索結果から、AdGuard for Macを使っている日本ユーザは少なく、今回のわたしと同じ事象に後に続く方々の一助となれば良いなということで、AdGuardのKBに日本語で記載されるまで教えていただいた手順を次に書いておく。

  1. Finder – 移動 – フォルダへ移動とメニューを手繰って、移動する先のフォルダ指定シートを表示させる。
  2. 1.で表示させた シートに /Library/Application Support/com.adguard.Adguard/NfApiConfiguration/SSL “を入力し、OKをタップする。
  3. 2.で入力したパスのフォルダが開き、”Adguard Personal CA.cer”というAdGuardの証明書が表示されることを確認する。
  4. Firefox(=Watorfox)を起動し、設定ページに移動し、詳細タブを開く。
  5. 詳細タブの証明書を選択し、「証明書を表示…」をタップする。
  6. 証明書マネージャーシートが表示されるので、「インポート…」をタップする。
  7. ファイル選択ダイアログが開くので、2.のパスをたどってAdGuardの証明書を選択する。このとき、Default Folder Xを使っていると、3.ですでに開いているFinder windowをタップするだけで2.のフォルダへ移動ができて便利なり。
  8. 認証するものを選択するシートが表示されるので、全てにチェックをして、OKをタップする。
  9. Firefox(=Watorfox)を再起動すると、問題が解消されて、HTTPS接続に問題がなくなるはずだ。
広告