macOS High Sierra.0 Public Beta

Public Beta以前

Public Beta

  • 2017.06.30 Public Beta 2
  • 2017.07.12 Developer Beta 3
  • 2017.07.26 Developer Beta 4
  • 2017.08.09 Developer Beta 5 (17A344b)
  • 2017.08.15 Developer Beta 5 (確認忘れ)
  • 2017.08.22 Developer Beta 7 (17A352a)
  • 2017.08.29 Developer Beta 8 (17A358a)
  • 2017.09.02 Developer Beta 9 (17A360a) : 3GB超の大物
  • 2017.09.16 Golden Master (17A362a) : Mac App Storeのページからの配布開始

解消された不具合

  • (PB1) 外部GPUを必要とするapplicationを起動していないのに外部GPUを使う。
    • (PB2) iGPUを常用するようになった。
  • (PB1) 液晶ディスプレイのバックライトが全開のまま調整できない。
    • (PB2) 調整可能になった。Appleからお返事(bug No.2740436)あり。
  • (PB1) sleepから復帰できない。
    • (PB2) 復帰できるようになった。
  • (PB1) Spotlight検索したときに該当する物が無い場合、「結果なし」と表示されないので検索中なのか、該当なしなのか分からない。
    • (DP4) 「結果なし」と表示されるようになった。
  • (PB1) バッテリー動作させ、バッテリー残量が0になるまでどうさせた後に、ACアダプタを接続したあとにバックライトは点灯するもののdeep sleepから復帰できない。
    • (DP4) 復帰できるようになった。
  • (PB1) 音量menubar itemを表示しないに設定しても再起動すると反映されない。
    • (DP9) 反映されるようになった。
  • (DP4) JPGファイルをQuick Lookで表示したときに、ふたつ目以降のJPGファイルが適切にスケーリングされない。
    • (DP5) きちんとスケーリングされるようになった。
  • (DP5) trimfroce commandがすっこける。
    • Terminal.app上でsudo trimforce enableとするとあたかも成功したかのように表示されてrebootされるが、single user modeで試したところ、/System/Library/Extensions/AppleDataSetManagement.kextがSIP範囲拡大の影響なのかread only属性のためにcpに失敗しており、command自体が動作していない。
    • (DP6) update installのみでTRIMが有効になった。
  • (DP6) USB DACを接続し、iTunesで音楽を再生するか、音楽の再生を停止するとBluetoothがオフになり、オンに戻せない。オンに戻すためには再起動を要する。
    • (DP9) Bluetoothがオフになることはなくなった。

feedbackしたもの

  • (PB1) Time Machineが既存のHFS+な宛て先volumeを認識できない&APFSなvolumeを宛て先にして動作しない。
  • (PB1) spotlightでMarkdown形式のファイルの中身が検索できないなと思い、~/Library/Spotlight/を確認したところMarkdown.mdimporterがなくなっていたので、手元のバックアップから突っ込んで、mdimport -r /Library/Spotlight/Markdown.mdimporterして、sudo mdutil -Eをどん。feedback自体には、「ユーザがインストールしたファイルを確認することなく削除するアップデート方法は正しくない」とした。
  • (DP4) 複数の新着メールの通知が複数表示されたとき、ひとつの通知の「開く」を選択すると残りの通知が消える。
  • (DP4) Disk UtilityがFireWire800接続の外付けハードディスクのパーティションマップを修復できない。
  • (DP4) Mail.appを起動するとoutlook.comにIMAPで接続すると強制的にJunkフォルダが作られる。
    • outlook.comにはdefaultでJunk folderがあるので、重複する名称のフォルダが作られたとメールが来る。
  • (DP6) Magic TrackPadを接続した環境で、無操作および操作中を問わずマウスカーソルが勝手に移動して、意図しない操作を行う。
    • 次の操作を行っても復旧しない。
    • 再起動
    • nvramクリア
    • システム終了して起動
    • システム環境設定のBluetoothでオフにした後にオンにすると解消する。
    • 内蔵TrackPadのスイッチ側を体重を掛けて押しこんだところ再現しなくなったので、バッテリの膨らみによる内蔵TrackPadへの圧迫の可能性あり。
  • (DP9) Mail.appの通知が表示されず、再起動すると前回起動後の通知が表示される。

所感

  • 余り変化は感じられない。実質的にdefault file systemのHFS+からAPFSへ移行が主機能と感じる。
  • Synology DS115Jを相手にしたSMB接続がAFP接続と同じ速度になったので、SMB接続へ移行した。
  • HPS+からAPFSへの変換は、apfs_hfs_convertを使うようだ。
  • DP5時点では、Time Machineの宛て先のvolumeのfile systemに指定できるのはHFS+のみであり、APFSは指定できない。
    • 次の事項から外付けハードディスク全体をAPFSでformatし、Time Machine用の512GBと残りをwork用の2 partitionに分割して試したが、やはりHFS+にreformatされる。
    • Disk UtilityがFireWire800接続の外付けハードディスクのパーティションマップを修復できない。
    • Time Machineが空き容量不足を告げてerrorになる。
    • Time Machine in Beta 5 fixed to External HDD with APFS

非互換App

  • Bartender 2.1.6 (基本機能は動作するがsystem menubar itemが隠せない)
  • CotEditor 3.2.0b2 : app iconに一方通行マークが表示され、アプリケーションが壊れているとのdialogが表示されて起動できない。
  • gfxCardStatus 2.4.4i : GPUの切り替えができない。
    • Developer Beta 3で動作した。
  • iFileX 1.3.1 : APFS volumeを相手には全く検索できない。作者さんに報告したところ、APFSでの検索用APIが公開されていないために動作しないとの返事が来た。そもそも、このAppの使用目的はNAS相手のファイル検索なので、localはSpotlight、NASはこれと使い分ければ良いだけだが、両方ともSpotlightで検索したいよね。
  • HomeBrew 1.2.0 : Xcode 8.3.3が古いとerrorを吐いてbrew upgradeが止まる。
    • Xcode 9.0をinstallするかXcode 8.3.3を削除しろと表示された。
    • Xcode 9.0b3をinstallするものの事象変わらず。
    • Xcode 8.3.3をuninstallすると丸っとerrorになるが、”sudo xcode-select –switch path/to/Xcode.app”との啓示あり。
    • Xcode 8.3.3をreinstallして1度起動した後に、Xcode 9.0b3をreinstallして1度起動した後に、”sudo xcode-select –switch /Applications/Xcode-beta.app”した後にbrew upgradeが通った。
    • macOS High Sierra.0 beta開始後、本事象によりbrew upgradeを見合わせていたが、その間にHomeBrewに大量アップデートがあったようだ。
  • Malwarebytes 3.0.1.389
    • install.pkgがerrorを吐く。
    • 3.0.3.433で対応がなされた。
  • Outlook.com
    • outlook.com相手だと、defaultのJunk folderではなく自前でJunk folderを作ってしまう。
    • 当初はMail.appとSpamSieveを疑っていたが、どーでもいい日記さんの「macOS X SierraでマイクロソフトのHotmail/Outlookの設定方法](http://blog.livedoor.jp/dodemo118/archives/65918955.html)」で解決した。ただ、macOS Sierraのときには発生していなかった記憶があるので、macOS High Sierra.0のドックフードを食い始めたときに、当方のOutloook.comアカウントにこの障害を発生させる機能がリリースされたのかもしれない。

2017.09.28 1521時更新

広告

2017.09.07のつぶやき

4Gamer.netに「日本のスマホゲームは運営に人を使いすぎ。もっと効率化するために,中国の“ゲームエンジン”を使うべきではないのか―――飽和状態の日本のスマホゲームマーケットに,中国のデベロッパが提唱?」という記事があった。自分が属している企業のいい面だけを主張したいのは社員として理解できるが、チョコボを馬鳥にして平気でリリースしたり、MMOにもれなく沸いてくる中華業者などの現状について何の反省もなく、ただひたすらに「ガワ変えを出しまくれます」や「ガワ変えでApp Storeのランキング50位近辺です」と何ら創造性のないことをあたかもいいことのように主張するだけなのにはうんざりする記事だった。「GMツールを作れている」という主張は面白いが、その裏返しには「GMツールの裏を突ける穴をも作っている」としか読めなかった。
都合の悪いことには意図的に目をつぶった「ブルーオーシャンきれいだね」な「乱造ができてすごいでしょう」という前に中国という国家とその民族はやることがあるはずだ。
具体的には、リスペクトと名を変えた他人の著作物のライセンスを無視したただ乗りしたぼったくり(*1)、他人の運営に土足で乗り込んで不正ツールを使ってゲーム内アイテムを濫獲してRMTにいそしむことを是認する文化の否定が。これを実現できてから出直してこい。
*1:macOSやWindowsのアプリケーションでも、特にmacOSアプリケーションについては、わたしが観測できている範囲において「Mac App Storeで繁茂する中華製パクリアプリケーションたち」でまとめてあるように、OSSをパクって著作権者名を上書きして数千円で売るという中華商法の例は枚挙に暇がない

2017.09.05のつぶやき

2017.09.05のつぶやき

物書堂さんから、「egシリーズの開発資産取得のお知らせ」というリリースがあった。実はかわせみ(MS-DOS3でATOKに慣らされた)もegシリーズ(plain textのMarkdownで十分)も使っていないのだが、例え最新macOSに対応するだけのメンテナンスリリースであっても、横書き文化出自ばかりではなく縦書き文化を出自としたワードプロセッサは存在し続けて欲しい。
このようにメモを書くときは横書きであっても、紙やKindleで日本語の長文または小説を読むときは縦書きの方が読みやすく感じる。つまり、縦書きの出力をするためには縦書きで文章を扱える道具が必要であり、誰も彼もがAdobe InDesignを必要とするわけではないだろう。
ちょっとした夢だが、SafariのReader機能で表示させているWeb pageを、Safari Extension経由または単純にopcy and pasteででもegword Universalに転送して縦書きに変換し、egword Universalで縦書きのままmobiに変換してくれて、Kindleで読めたら魅惑的だな。

ITproで「戸田覚のIT辛口研究所 – iPhone、iPadでプレゼンスライドの見栄え“爆上げ」という記事が公開されていた。この筆者は少なくとも記事を書いて金をもらっているプロであるにも関わらず、いくらKeynoteのtemplateのセンスが良いからといって丸っとパクってMicrosoft PowerPointで使うという「KEYNOTEソフトウェア使用許諾契約」の2.F項に明確に反する行為を公開することに問題を感じないのだろうか?