2017.09.07のつぶやき

4Gamer.netに「日本のスマホゲームは運営に人を使いすぎ。もっと効率化するために,中国の“ゲームエンジン”を使うべきではないのか―――飽和状態の日本のスマホゲームマーケットに,中国のデベロッパが提唱?」という記事があった。自分が属している企業のいい面だけを主張したいのは社員として理解できるが、チョコボを馬鳥にして平気でリリースしたり、MMOにもれなく沸いてくる中華業者などの現状について何の反省もなく、ただひたすらに「ガワ変えを出しまくれます」や「ガワ変えでApp Storeのランキング50位近辺です」と何ら創造性のないことをあたかもいいことのように主張するだけなのにはうんざりする記事だった。「GMツールを作れている」という主張は面白いが、その裏返しには「GMツールの裏を突ける穴をも作っている」としか読めなかった。
都合の悪いことには意図的に目をつぶった「ブルーオーシャンきれいだね」な「乱造ができてすごいでしょう」という前に中国という国家とその民族はやることがあるはずだ。
具体的には、リスペクトと名を変えた他人の著作物のライセンスを無視したただ乗りしたぼったくり(*1)、他人の運営に土足で乗り込んで不正ツールを使ってゲーム内アイテムを濫獲してRMTにいそしむことを是認する文化の否定が。これを実現できてから出直してこい。
*1:macOSやWindowsのアプリケーションでも、特にmacOSアプリケーションについては、わたしが観測できている範囲において「Mac App Storeで繁茂する中華製パクリアプリケーションたち」でまとめてあるように、OSSをパクって著作権者名を上書きして数千円で売るという中華商法の例は枚挙に暇がない

広告