2017.10.21のひとりごと

朝日新聞デジタルに「低い投票率、民意と隔たり 批判の棄権、結果に影響なし – 2017衆議院選挙(衆院選)」という記事があった。記事にあるグラフはいろいろ読めて面白い。しかし、この記事で1番面白いのは東浩紀を「思想家」と称していることだ。




と、後に佐賀県民にいらないとされた樋渡啓祐に尻尾を振っていたクソ野郎である。馬鹿を馬鹿と見抜けない輩が思想かを名乗れるとはいい時代になったものだ。

広告