2017.11.27のひとりごと

ITproに『記者の眼 – 門外漢が考える「話題の国産量子コンピュータはまがいものか?」』という記事があった。NHKが、さもすごい「コンピュータ」を日本が開発したかのように報道していたが、解説を聞いていると実際は「量子物理学を応用した最適解探査専用回路を実装し、汎用コンピュータで同じ最適解探査をさせたものよりも2桁ほど速く探査を終了できる」であって、CPUではなくASICの範囲であり、「ASICを使うとCPUよりもこんなに速いですよ」と20年以上前から分かりきっている話を今どき取り上げたNHKにげんなりしたのだが、これをわかりやすく解説してくれている記事である。
さて、この記事で特筆すべきは「浅川デスク」という言葉だ。ITproで浅川さんといえば、プライバシーフリーク(定義:ヤフージャパン執行役員社長室長別所直哉)必携の三種の神本のうちの1冊である「プライバシー大論争 あなたのデータ、「お金」に換えてもいいですか?」の前半を書いた浅川直輝さんだ。記事内で出典表記があったので確認したところ、間違いなく浅川直輝さんだった。デスク職になっていらっしゃったのだね。

1110時更新

広告