最移住?

Micro.Blogに移住するかも知れぬ。

広告

2017.12.01のひとりごと

Final Fantasy XIで夢見た俺たちの金ポニモがおる!(対応させたWSが古いのは、そういう時代に引退したから)
『黒い砂漠』公式動画 -新クラス「ミスティック」 : タックルや夢想阿修羅拳っぽいのもあるよ
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『閃烈拳』 : コンボ
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『閃烈拳』 : 乱撃
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『震脚』 : 双竜脚
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『双極拳』 : 空鳴拳

2204時更新

2017.11.29のひとりごと

NHK NEWS WEBに『第三者がログイン可能に 最新版「macOS」に深刻な欠陥』という珍妙な記事があった。これを取り上げるのであれば、なぜMicrosoftとAdobeの月例を報じないのか不思議だ。これはさておき、この脆弱性の根本的影響は、「defaultでは有効になっていない特権利用者であるrootユーザをパスワードなしで有効にできることにより、特権ユーザ権限であらゆることが可能になる」ことを書けていない。ただし、前提条件として、物理的またはremote desktopで接続できる環境にいる必要がある。さらなる間違いを次に列挙してみる。それにしても、NHKは武雄市でヤラセをやった前科もあるし、正確な情報を伝えられないね。このNHKの記事に惑わされることなく、CNET Japanの「「macOS High Sierra」にパスワードなしでログインできてしまう脆弱性」を読むことをお勧めする。
まずは、「HighSierra」と記述してあるが、正しくは、”macOS High Sierra”でああるので、商標くらい正しく書け。
次のことは、システム環境設定を開ける状況であれば、何らかのユーザでログインしている状態なので、この脆弱性でのみ可能なことではない。。
– 第三者が勝手にパソコンを開き、中のファイルを見たり
– 元のパスワードなどの設定を変えて持ち主に使えなくさせること

2324時更新

2017.11.28のひとりごと

朝日新聞デジタルに『「PCは人から借りられる」生活保護費の返還命じる判決』という記事があった。東京都東村山市で生活保護を受けたら、The Internetを介した社会との接触は隔絶しろということなのだろう。いまどき、パートに出ようとすると「ネットで探す」だし、出ても「雇用側への税務申告もWebで」だ。そもそも、東京都東村山市職員は、PCを職員数分支給されておらず、いまだに日常的に複数人で1台を共有なので、いまやPCが1家族1台や1人1台ある方が良いという思考に至らない、1999年以前のThe Internet/Intranetとは隔絶した前時代的な役所なのだろうな。

ロイターに「北朝鮮、1年以内に核プログラム完了宣言も=韓国統一相」という記事があったが、韓国統一省が想定する「核プログラム」はどこまでなのだろう? 工学的には次のようなステップが想定できる。なお、98式歩銃にヘリカルマガジンを付けたり、どう見てもモックアップの弾道ミサイルやそのキャニスターを見せて喜んでいる委員長閣下の観点は考慮できない。

  1. すでに数度の核実験をしている、お手元で制御できる核爆弾の完成(自爆装置)
  2. 弾道ミサイルに模擬核爆弾を搭載して、打ち上げに耐えられる起爆装置の動作確認
  3. 弾道ミサイルに実弾の核爆弾を搭載して、大気圏外のミッドレンジで起爆を確認
  4. 弾道ミサイルの再突入体に模擬核爆弾を搭載して、大気圏内での起爆装置の動作確認
  5. 弾道ミサイルの再突入体に実弾の核爆弾を搭載して、大気圏内での起爆を確認

1と2と4は現状と何ら変わらないので容認されるだろう。3はトランプとポチががなり立てることに利用されるだろう。ただ、4と5については、そもそも、再突入体が起爆想定の高度まで耐えられているのか怪しいものだ。耐えられていないからこそ、電磁波爆弾として使うぞと脅しつけているのではなかろうという想定も可能だ。また、動作確認をするためには、再突入体に発信器を付けて、「俺は緯度経度ここら辺で、高度ここら辺で、起爆装置のスイッチ入れて、模擬または実弾の威力はこのくらいですよ」と発信機からの電波を使った報告をテレメートリ通信で受信する必要があるので、ロフテッド軌道で委員長閣下の領域からの水平線以内に落とさないと観測できまい。もし、水平線を越えた想定着弾点であれば。超水平線通信をする必要があるが、局所的な技術習得と実装はできていても、通信衛星はおろか通信を中継できる航空機や情報中継船/艦というインフラはなかろう。あぁ、お得意の木造船や潜水艇でちまちま中継するという手があるか。ただし、5については自前で観測せずとも、他国のてんやわんやをテレビで見て確認するという手もあるか。
ということで、にわかにテレメートリ通信を傍受できたという報道もあるので、4を想定しているのではなかろうかと思ったり。

2335時更新

2017.11.27のひとりごと

ITproに『記者の眼 – 門外漢が考える「話題の国産量子コンピュータはまがいものか?」』という記事があった。NHKが、さもすごい「コンピュータ」を日本が開発したかのように報道していたが、解説を聞いていると実際は「量子物理学を応用した最適解探査専用回路を実装し、汎用コンピュータで同じ最適解探査をさせたものよりも2桁ほど速く探査を終了できる」であって、CPUではなくASICの範囲であり、「ASICを使うとCPUよりもこんなに速いですよ」と20年以上前から分かりきっている話を今どき取り上げたNHKにげんなりしたのだが、これをわかりやすく解説してくれている記事である。
さて、この記事で特筆すべきは「浅川デスク」という言葉だ。ITproで浅川さんといえば、プライバシーフリーク(定義:ヤフージャパン執行役員社長室長別所直哉)必携の三種の神本のうちの1冊である「プライバシー大論争 あなたのデータ、「お金」に換えてもいいですか?」の前半を書いた浅川直輝さんだ。記事内で出典表記があったので確認したところ、間違いなく浅川直輝さんだった。デスク職になっていらっしゃったのだね。

1110時更新