2018-12-18

てすてす
てすてす
てすてす

広告

デリバリープロバイダ(札幌通運)から報復された

デリバリープロバイダ(札幌通運)に苦言を呈するとお礼参りするぞと脅迫されたことが現実になった。

わたしは居住地域周辺に携帯番号を教えるほどの友人はおらず、さらにここ半年に使った通販はAmazonのみである。

この状況で、2018.12.18 1422時に外出から帰宅してポストを何気なくみたところ、集合ポストの名札部分にわたしの苗字と携帯番号を赤のマジックで書いてあることに気付いた。

デリバリープロバイダ(札幌通運)に苦言を呈するとお礼参りするぞと脅迫されたと上記のわたしの状況から、当該札幌通運と契約関係にあるヤクザの三下が報復行動に及んだことは容易に想像が付いたので、警察に迷惑行為事案として通報した。なお、担当してくれた警察官は前回と同じであったので、この推察に同意をしていた。

また、Amazonにも通報してある。

ちなみにだが、11月の定期便を配達しに来たのは、札幌通運のウィンドブレーカーを着た普通のおじさんだった。もしやすると、わたしからAmazonへの通報により、Amazonから札幌通運へ状況確認要請が掛かり、札幌通運がヤクザの三下に手配せずに自社で配達するように手配したのかもしれない。12月の定期便がどんな配達人によって配達されるのか、身の危険を感じつつ待ってみようと思う。

Amazonからお返事来たる

Amazonからお返事来たる

デリバリープロバイダ(札幌通運)に苦言を呈するとお礼参りするぞと脅迫された」について、2018.11.20 1115時に「Amazon.co.jpへのご注文について」と題し、Amazon(cs-reply@amazon.co.jp)からお返事が来た。

以下に全文を掲載する。なお、個人情報に関する部分は当方にて置換している。

(わたしの実名)様
平素はAmazon.co.jpサイトをご利用いただき厚く御礼申し上げます。
このたびは、ご注文(問題となった配送の注文番号)の配達に関し、(わたしの実名)様に多大なご迷惑をお掛け致しましたことを深くお詫び申し上げます。
今回ご連絡いただきました配送業者の対応に関しましては、デリバリープロバイダ側へ状況の確認及び今後の再発防止策についてを検討いただくよう申し伝えさせていただきました。今回の問題により、お客様が今後デリバリープロバイダでの配送についてご不安なお気持ちをお掛けしており大変申し訳ございません。
当サイトでは、さまざまな配送業者と提携し商品を発送しており、現時点では配送業者の指定や、特定の配送業者のみ配達から除外するといった対応を承ることが出来ません。各配送業者側でのこのような問題に関しましては、お客様より今回のように当カスタマーサービスへご連絡を頂かなければ感知することが出来ず、発見が遅れた場合、同様の問題が再度発生するリスクや、適切な再発防止策を取ることが出来ず、問題が長期間解決しないリスクが発生すると考えており、お客様からのお声は大変重要であると認識しております。今回のご連絡により、私どもAmazon.co.jpがお客様に代わって配送業者へ絶え間ぬ働きかけをすることの大切さを切に感じております。重ねてのご案内となりますが、今回はお客様に大変ご不快なお気持ちをお掛けし、当サイトのご注文のお受け取りについてご心配をお掛けする結果となりましたことを謹んで深くお詫び申し上げます。
Amazon.co.jpでは、お客様にご不便のないよう引き続き努力して参りますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
引き続き当サイトにてお手伝いさせていただけることがございましたら、ご遠慮なくお問合せいただければと存じます。
Amazon.co.jpのまたのご利用を心よりお待ちしおります。
Amazon.co.jp カスタマーサービス 担当さんのお名前
ご利用ありがとうございました。
Amazon.co.jp

一応は、Amazonからデリバリープロバイダへ状況確認と再発防止策の検討をしてくれと依頼はしてくれたようだ。次のステップとして、状況確認と再発防止策の検討結果を報告してくれることをAmazonに期待したい。

ただし、当該事案の配達担当者について、次のような状況から、シェアリングエコノミーに乗っかってヤンキーが個人的に配送を行っているのではなく、反社会的組織の構成員が組織的に実態を伏せたまま、デリバリープロバイダと称する何らかの事業体に食い込んでいるのではなかろうかという疑念が拭えない。
– 当該事案の配達担当者の風体が、どこをどう見てもヤクザの三下以外の何物でもないこと
– 当該事案の配達担当者が、個人事業主だと言いながら上役に報告を入れるという行動の不整合があること
– 当該事案の配達担当者が、脅迫に等しい言葉を悪いことだと認識できない精神構造をしていること

デリバリープロバイダ(札幌通運)に苦言を呈するとお礼参りするぞと脅迫された

Amazonにお急ぎ便で買い物をしたところ、荷物をふたつに分けられ、片方はクロネコヤマトさん、もう片方はデリバリープロバイダ扱いとなった。
クロネコヤマトさんは1430時ごろに配達してくれたが、デリバリープロバイダは1900ちょい前の配達となった。
なお、チャイムに誰何したところ「お届け物です」という反応だけだった。
また、デリバリープロバイダの配達員は、玄関を空けた瞬間に、上下とも黒のジャージ、チリチリパーマのポニーテール、そして上顎の前歯が全てないという、どう見てもヤクザの三下にしか見えず、危険を感じざるを得ない風体をした人間がいた。

ここで、クロネコヤマトさんとの時間差と、身分の隠ぺいの理由をただしたところ、にわかに「警察を呼びますよ」とガラケーを振り上げだした。デリバリープロバイダにとっては、なぜか警察を呼ぶことが顧客に対する恫喝になるらしいので、「どうぞ、呼んでください」とお願いしてみた。
警官が到着するまでの間、「聞き流してくださいね」と前置きして、「このように個人情報を渡している相手に苦情を言ったら、家族に対して報復を受けることを考えたことはありますか」とつぶやき始めたので、「それは脅迫および恫喝ですね」と確認したところ、「聞き流してくださいねといいましたよね」と意味の分からないことを言い始めた。
このような言動から、デリバリープロバイダは反社会的組織が後ろ盾になっている可能性がある。

警官の到着後、警官に上記のような状況を説明したところ、「どのような処置を望みますか?」とこちらの意向を確認してきたので、「脅迫の被害届を提出したい」と希望したが、「被害実体がないので事実上立件できないだろうし、そうなると未処理扱いとなり困る」とのことで、「本人からの口頭での謝罪」ではどうかと取りなしてきたが、書面で謝罪と再犯しないとの宣誓を希望したのだが、「当人が悪いと思っていない」とのことで、「今後、デリバリープロバイダからのお礼参りがあった場合に経緯を把握することを目的」と明言し、本件を処理したことを業務日誌等に記載すること(公文書化)を希望し、反社会的言動を当然とするデリバリープロバイダの赦免を申し出た。

さすがに腹に据えかねたので、Amazonにチャットで通報しておいた。以下は、そのチャットの全文だ。なお、適宜改行と小見出しを入れている。

—- ここから —-

お問い合わせ内容 : デリバリープロバイダに脅迫を受けた。

現在、担当者と接続中です。

Amazonカスタマーサービス担当さん: お問い合わせいただきありがとうございます。Amazonカスタマーサービスございます。よろしくお願いいたします。
お客様: ご苦労さまです

— 被害報告 —

お客様: 配送業者が、業者名を名乗ることもなく、制服も着用することもなく、どう見てもヤクザの三下にしか見えない人物が玄関にいました。
同注文もヤマトさんは1430時ころに配達に来たにも関わらず、もう片方の業者は1900前になってから配達に来ました。
この時間差、および風体について質問したところ、「警察を呼ぶがいいか?」と恫喝を受けました。
こちらに非はないと判断したので、当該配達員による警察への通報に同意しました。
そうしたところ、警官が到着するまでの間に「このように個人情報を渡している相手に苦情を言ったら、家族に対して報復を受けることを考えたことがあるか」との言葉があり、脅迫および恫喝と受け取り、この旨を警官にも伝えました。
当該配達員からの謝罪を要求しましたが、警察官の仲介によっても拒否を受けました。
非常識な言動を認識できない非常に悪質な配達員と断じます。
また、このような配達員を介する配達を依頼するAmazonへの信頼感が低下しました。
状況説明は以上です。
Amazonカスタマーサービス担当さん: お問い合わせ伝票番号: (遮蔽). 配送業者:デリバリープロバイダ こちらの配送分に関して、配送業者の行為によりご迷惑をおかけしており申し訳ございません。

お客様: なお、事業者名および委託契約素の事業者名を要求しましたが、「答えなくて良い」との返答で、明示を受けられませんでした。
Amazonカスタマーサービス担当さん: 承知いたしました。ご報告いただいた内容については担当部署へ申し伝えさせていただきますので、問題の状況に関して調査確認のうえ、改めて当サイト、担当部署よりお客様へご連絡させていただきたく存じます。

お客様: また、当該配達員が所属している上長に警官到着までの間に連絡しており、そのときに「特殊な」、「変な」、と報告していたのも聞こえました。
Amazonカスタマーサービス担当さん: ご不快なお気持ちにさせてしまい誠に申し訳ございません。ご報告頂き、ありがとうございます。

お客様: 今後、Amazonさんからデリバリープロバイダで配送された場合、身の危険を感じつつ玄関を開かねばなりません。
Amazonカスタマーサービス担当さん: さようでございますね、今後のご利用に関しまして、大変ご心配をおかけする事態、警察の方も介入頂けており大変申告な問題になりますので、担当部署にて本件につきましては、当サイトにて調査確認のうえ、お客様へご連絡させていただきます。

お客様: なにしろ、「このように個人情報を渡している相手に苦情を言ったら、家族に対して報復を受けることを考えたことがあるか」と脅されたので、次回以降はAmazonさんの荷物ではなく、包丁やピストルが出てきたり、あるいは、ヤクザの訪問を受けるのではないかと恐怖を感じました。
「このように個人情報を渡している相手に苦情を言ったら、家族に対して報復を受けることを考えたことがあるか」という例えで「お礼参りをするぞ」という解釈したことについては、介入していただいた警察官に伝えてあります。
この内容については、担当警察官の業務報告書に記載するとの言質を頂きました。

— ここからデリバリープロバイダ回避法を訪ねる —

お客様: さて、質問なのですが、デリバリープロバイダによる配送を回避する方策はありますか?
Amazonカスタマーサービス担当さん: 配送業者につきましては、事前に指定が出来ない現状がありますため、デリバリープロバイダによる配送を回避する方法としましては、今、ご案内できるのは「店頭受取」でのご注文方法となります。この場合、ヤマト運輸または日本郵便での配送となります。

お客様: 配達日時指定でもデリバリープロバイダになる可能性はあるのですか?
Amazonカスタマーサービス担当さん: お届け日時指定便の場合でも、デリバリープロバイダでの配送になることはございます。
お客様: 分かりました。デリバリープロバイダを回避する方法で確実なのは「店頭受け取り」なのですね。
Amazonカスタマーサービス担当さん: はい、確実でございます。

— 苦情の保全依頼 —

お客様: Amazonさんとヤマトさんの組み合わせに絶大な信頼をおいていただけに、今回は日常では味わえない恐怖を感じたことをAmazonとして記録に残しておいてください。
可能であれば、当該配送のデリバリープロバイダの末端までを調査していただき、デリバリープロバイダの悪質さの実体を把握していただけることを希望します。
Amazonカスタマーサービス担当さん: 承知いたしました。今回の件で失った信頼を取り戻すべくより良いサービスの提供に努めて参りますので、本日ご報告頂きました内容と、今お伺いしましたご要望内容につきましては担当部署へ責任をもって申し伝えさせていただきます。調査確認のうえ、改めて担当部署よりご連絡させていただきます。

—- ここまで —-

お礼参りを是とする反社会的配送業者のデリバリープロバイダを配送業者から排除するAmazon公式の方法は、「店頭受取」にすることのみである。

Xcode 10 on macOS High Sierra

ひととおりfeedlyとWeb siteの巡回が終わって暇になったので、brew doctorを走らせてみた。そうしたところ、次のWarningが表示された。

Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry or file an issue; just ignore this. Thanks!

Warning: The following directories do not exist:
/usr/local/sbin
/usr/local/Frameworks

You should create these directories and change their ownership to your account.
  sudo mkdir -p /usr/local/sbin /usr/local/Frameworks
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local/sbin /usr/local/Frameworks
git: error: unable to read SDK settings for '/Library/Developer/CommandLineTools/SDKs/MacOSX.sdk'
git: error: unable to read SDK settings for '/Library/Developer/CommandLineTools/SDKs/MacOSX.sdk'

Warning: Xcode alone is not sufficient on High Sierra.
Install the Command Line Tools:
  xcode-select --install


Warning: Broken symlinks were found. Remove them with `brew prune`:
  /usr/local/bin/scan
  /usr/local/share/man/man1/scan.1

まず、Xcodeを9から10にupdateしたときに、Xcodeを起動してcommand line toolをinstallさせたはずだが、ご不満とのことで、

Warning: Xcode alone is not sufficient on High Sierra.
Install the Command Line Tools:
  xcode-select --install

に従って、”xcode-select –install”でcommand line toolをreinstallし、再度”brew doctor”をしたところ、次のようにまだWarningが残った。

Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry or file an issue; just ignore this. Thanks!

Warning: The following directories do not exist:
/usr/local/sbin
/usr/local/Frameworks

You should create these directories and change their ownership to your account.
  sudo mkdir -p /usr/local/sbin /usr/local/Frameworks
  sudo chown -R $(whoami) /usr/local/sbin /usr/local/Frameworks

Warning: Broken symlinks were found. Remove them with `brew prune`:
  /usr/local/bin/scan
  /usr/local/share/man/man1/scan.1

上から順に処置していく。

  • sudo mkdir -p /usr/local/sbin /usr/local/Frameworks (Frameworksのpath換え)
  • sudo chown -R $(whoami) /usr/local/sbin /usr/local/Frameworks (Frameworksのアクセス権変更)
  • brew prune (symbolic linkの張り替え)

そして、”brew doctor”で再確認させてWarningがなくなった。

2017.12.01のひとりごと

Final Fantasy XIで夢見た俺たちの金ポニモがおる!(対応させたWSが古いのは、そういう時代に引退したから)
『黒い砂漠』公式動画 -新クラス「ミスティック」 : タックルや夢想阿修羅拳っぽいのもあるよ
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『閃烈拳』 : コンボ
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『閃烈拳』 : 乱撃
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『震脚』 : 双竜脚
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『双極拳』 : 空鳴拳

2204時更新

2017.11.29のひとりごと

NHK NEWS WEBに『第三者がログイン可能に 最新版「macOS」に深刻な欠陥』という珍妙な記事があった。これを取り上げるのであれば、なぜMicrosoftとAdobeの月例を報じないのか不思議だ。これはさておき、この脆弱性の根本的影響は、「defaultでは有効になっていない特権利用者であるrootユーザをパスワードなしで有効にできることにより、特権ユーザ権限であらゆることが可能になる」ことを書けていない。ただし、前提条件として、物理的またはremote desktopで接続できる環境にいる必要がある。さらなる間違いを次に列挙してみる。それにしても、NHKは武雄市でヤラセをやった前科もあるし、正確な情報を伝えられないね。このNHKの記事に惑わされることなく、CNET Japanの「「macOS High Sierra」にパスワードなしでログインできてしまう脆弱性」を読むことをお勧めする。
まずは、「HighSierra」と記述してあるが、正しくは、”macOS High Sierra”でああるので、商標くらい正しく書け。
次のことは、システム環境設定を開ける状況であれば、何らかのユーザでログインしている状態なので、この脆弱性でのみ可能なことではない。。
– 第三者が勝手にパソコンを開き、中のファイルを見たり
– 元のパスワードなどの設定を変えて持ち主に使えなくさせること

2324時更新