デリバリープロバイダ(札幌通運)に苦言を呈するとお礼参りするぞと脅迫された

Amazonにお急ぎ便で買い物をしたところ、荷物をふたつに分けられ、片方はクロネコヤマトさん、もう片方はデリバリープロバイダ扱いとなった。
クロネコヤマトさんは1430時ごろに配達してくれたが、デリバリープロバイダは1900ちょい前の配達となった。
なお、チャイムに誰何したところ「お届け物です」という反応だけだった。
また、デリバリープロバイダの配達員は、玄関を空けた瞬間に、上下とも黒のジャージ、チリチリパーマのポニーテール、そして上顎の前歯が全てないという、どう見てもヤクザの三下にしか見えず、危険を感じざるを得ない風体をした人間がいた。

ここで、クロネコヤマトさんとの時間差と、身分の隠ぺいの理由をただしたところ、にわかに「警察を呼びますよ」とガラケーを振り上げだした。デリバリープロバイダにとっては、なぜか警察を呼ぶことが顧客に対する恫喝になるらしいので、「どうぞ、呼んでください」とお願いしてみた。
警官が到着するまでの間、「聞き流してくださいね」と前置きして、「このように個人情報を渡している相手に苦情を言ったら、家族に対して報復を受けることを考えたことはありますか」とつぶやき始めたので、「それは脅迫および恫喝ですね」と確認したところ、「聞き流してくださいねといいましたよね」と意味の分からないことを言い始めた。
このような言動から、デリバリープロバイダは反社会的組織が後ろ盾になっている可能性がある。

警官の到着後、警官に上記のような状況を説明したところ、「どのような処置を望みますか?」とこちらの意向を確認してきたので、「脅迫の被害届を提出したい」と希望したが、「被害実体がないので事実上立件できないだろうし、そうなると未処理扱いとなり困る」とのことで、「本人からの口頭での謝罪」ではどうかと取りなしてきたが、書面で謝罪と再犯しないとの宣誓を希望したのだが、「当人が悪いと思っていない」とのことで、「今後、デリバリープロバイダからのお礼参りがあった場合に経緯を把握することを目的」と明言し、本件を処理したことを業務日誌等に記載すること(公文書化)を希望し、反社会的言動を当然とするデリバリープロバイダの赦免を申し出た。

さすがに腹に据えかねたので、Amazonにチャットで通報しておいた。以下は、そのチャットの全文だ。なお、適宜改行と小見出しを入れている。

—- ここから —-

お問い合わせ内容 : デリバリープロバイダに脅迫を受けた。

現在、担当者と接続中です。

Amazonカスタマーサービス担当さん: お問い合わせいただきありがとうございます。Amazonカスタマーサービスございます。よろしくお願いいたします。
お客様: ご苦労さまです

— 被害報告 —

お客様: 配送業者が、業者名を名乗ることもなく、制服も着用することもなく、どう見てもヤクザの三下にしか見えない人物が玄関にいました。
同注文もヤマトさんは1430時ころに配達に来たにも関わらず、もう片方の業者は1900前になってから配達に来ました。
この時間差、および風体について質問したところ、「警察を呼ぶがいいか?」と恫喝を受けました。
こちらに非はないと判断したので、当該配達員による警察への通報に同意しました。
そうしたところ、警官が到着するまでの間に「このように個人情報を渡している相手に苦情を言ったら、家族に対して報復を受けることを考えたことがあるか」との言葉があり、脅迫および恫喝と受け取り、この旨を警官にも伝えました。
当該配達員からの謝罪を要求しましたが、警察官の仲介によっても拒否を受けました。
非常識な言動を認識できない非常に悪質な配達員と断じます。
また、このような配達員を介する配達を依頼するAmazonへの信頼感が低下しました。
状況説明は以上です。
Amazonカスタマーサービス担当さん: お問い合わせ伝票番号: (遮蔽). 配送業者:デリバリープロバイダ こちらの配送分に関して、配送業者の行為によりご迷惑をおかけしており申し訳ございません。

お客様: なお、事業者名および委託契約素の事業者名を要求しましたが、「答えなくて良い」との返答で、明示を受けられませんでした。
Amazonカスタマーサービス担当さん: 承知いたしました。ご報告いただいた内容については担当部署へ申し伝えさせていただきますので、問題の状況に関して調査確認のうえ、改めて当サイト、担当部署よりお客様へご連絡させていただきたく存じます。

お客様: また、当該配達員が所属している上長に警官到着までの間に連絡しており、そのときに「特殊な」、「変な」、と報告していたのも聞こえました。
Amazonカスタマーサービス担当さん: ご不快なお気持ちにさせてしまい誠に申し訳ございません。ご報告頂き、ありがとうございます。

お客様: 今後、Amazonさんからデリバリープロバイダで配送された場合、身の危険を感じつつ玄関を開かねばなりません。
Amazonカスタマーサービス担当さん: さようでございますね、今後のご利用に関しまして、大変ご心配をおかけする事態、警察の方も介入頂けており大変申告な問題になりますので、担当部署にて本件につきましては、当サイトにて調査確認のうえ、お客様へご連絡させていただきます。

お客様: なにしろ、「このように個人情報を渡している相手に苦情を言ったら、家族に対して報復を受けることを考えたことがあるか」と脅されたので、次回以降はAmazonさんの荷物ではなく、包丁やピストルが出てきたり、あるいは、ヤクザの訪問を受けるのではないかと恐怖を感じました。
「このように個人情報を渡している相手に苦情を言ったら、家族に対して報復を受けることを考えたことがあるか」という例えで「お礼参りをするぞ」という解釈したことについては、介入していただいた警察官に伝えてあります。
この内容については、担当警察官の業務報告書に記載するとの言質を頂きました。

— ここからデリバリープロバイダ回避法を訪ねる —

お客様: さて、質問なのですが、デリバリープロバイダによる配送を回避する方策はありますか?
Amazonカスタマーサービス担当さん: 配送業者につきましては、事前に指定が出来ない現状がありますため、デリバリープロバイダによる配送を回避する方法としましては、今、ご案内できるのは「店頭受取」でのご注文方法となります。この場合、ヤマト運輸または日本郵便での配送となります。

お客様: 配達日時指定でもデリバリープロバイダになる可能性はあるのですか?
Amazonカスタマーサービス担当さん: お届け日時指定便の場合でも、デリバリープロバイダでの配送になることはございます。
お客様: 分かりました。デリバリープロバイダを回避する方法で確実なのは「店頭受け取り」なのですね。
Amazonカスタマーサービス担当さん: はい、確実でございます。

— 苦情の保全依頼 —

お客様: Amazonさんとヤマトさんの組み合わせに絶大な信頼をおいていただけに、今回は日常では味わえない恐怖を感じたことをAmazonとして記録に残しておいてください。
可能であれば、当該配送のデリバリープロバイダの末端までを調査していただき、デリバリープロバイダの悪質さの実体を把握していただけることを希望します。
Amazonカスタマーサービス担当さん: 承知いたしました。今回の件で失った信頼を取り戻すべくより良いサービスの提供に努めて参りますので、本日ご報告頂きました内容と、今お伺いしましたご要望内容につきましては担当部署へ責任をもって申し伝えさせていただきます。調査確認のうえ、改めて担当部署よりご連絡させていただきます。

—- ここまで —-

お礼参りを是とする反社会的配送業者のデリバリープロバイダを配送業者から排除するAmazon公式の方法は、「店頭受取」にすることのみである。

広告

2017.12.01のひとりごと

Final Fantasy XIで夢見た俺たちの金ポニモがおる!(対応させたWSが古いのは、そういう時代に引退したから)
『黒い砂漠』公式動画 -新クラス「ミスティック」 : タックルや夢想阿修羅拳っぽいのもあるよ
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『閃烈拳』 : コンボ
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『閃烈拳』 : 乱撃
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『震脚』 : 双竜脚
『黒い砂漠』公式動画 -ミスティックスキル『双極拳』 : 空鳴拳

2204時更新

2017.11.28のひとりごと

朝日新聞デジタルに『「PCは人から借りられる」生活保護費の返還命じる判決』という記事があった。東京都東村山市で生活保護を受けたら、The Internetを介した社会との接触は隔絶しろということなのだろう。いまどき、パートに出ようとすると「ネットで探す」だし、出ても「雇用側への税務申告もWebで」だ。そもそも、東京都東村山市職員は、PCを職員数分支給されておらず、いまだに日常的に複数人で1台を共有なので、いまやPCが1家族1台や1人1台ある方が良いという思考に至らない、1999年以前のThe Internet/Intranetとは隔絶した前時代的な役所なのだろうな。

ロイターに「北朝鮮、1年以内に核プログラム完了宣言も=韓国統一相」という記事があったが、韓国統一省が想定する「核プログラム」はどこまでなのだろう? 工学的には次のようなステップが想定できる。なお、98式歩銃にヘリカルマガジンを付けたり、どう見てもモックアップの弾道ミサイルやそのキャニスターを見せて喜んでいる委員長閣下の観点は考慮できない。

  1. すでに数度の核実験をしている、お手元で制御できる核爆弾の完成(自爆装置)
  2. 弾道ミサイルに模擬核爆弾を搭載して、打ち上げに耐えられる起爆装置の動作確認
  3. 弾道ミサイルに実弾の核爆弾を搭載して、大気圏外のミッドレンジで起爆を確認
  4. 弾道ミサイルの再突入体に模擬核爆弾を搭載して、大気圏内での起爆装置の動作確認
  5. 弾道ミサイルの再突入体に実弾の核爆弾を搭載して、大気圏内での起爆を確認

1と2と4は現状と何ら変わらないので容認されるだろう。3はトランプとポチががなり立てることに利用されるだろう。ただ、4と5については、そもそも、再突入体が起爆想定の高度まで耐えられているのか怪しいものだ。耐えられていないからこそ、電磁波爆弾として使うぞと脅しつけているのではなかろうという想定も可能だ。また、動作確認をするためには、再突入体に発信器を付けて、「俺は緯度経度ここら辺で、高度ここら辺で、起爆装置のスイッチ入れて、模擬または実弾の威力はこのくらいですよ」と発信機からの電波を使った報告をテレメートリ通信で受信する必要があるので、ロフテッド軌道で委員長閣下の領域からの水平線以内に落とさないと観測できまい。もし、水平線を越えた想定着弾点であれば。超水平線通信をする必要があるが、局所的な技術習得と実装はできていても、通信衛星はおろか通信を中継できる航空機や情報中継船/艦というインフラはなかろう。あぁ、お得意の木造船や潜水艇でちまちま中継するという手があるか。ただし、5については自前で観測せずとも、他国のてんやわんやをテレビで見て確認するという手もあるか。
ということで、にわかにテレメートリ通信を傍受できたという報道もあるので、4を想定しているのではなかろうかと思ったり。

2335時更新

2017.11.27のひとりごと

ITproに『記者の眼 – 門外漢が考える「話題の国産量子コンピュータはまがいものか?」』という記事があった。NHKが、さもすごい「コンピュータ」を日本が開発したかのように報道していたが、解説を聞いていると実際は「量子物理学を応用した最適解探査専用回路を実装し、汎用コンピュータで同じ最適解探査をさせたものよりも2桁ほど速く探査を終了できる」であって、CPUではなくASICの範囲であり、「ASICを使うとCPUよりもこんなに速いですよ」と20年以上前から分かりきっている話を今どき取り上げたNHKにげんなりしたのだが、これをわかりやすく解説してくれている記事である。
さて、この記事で特筆すべきは「浅川デスク」という言葉だ。ITproで浅川さんといえば、プライバシーフリーク(定義:ヤフージャパン執行役員社長室長別所直哉)必携の三種の神本のうちの1冊である「プライバシー大論争 あなたのデータ、「お金」に換えてもいいですか?」の前半を書いた浅川直輝さんだ。記事内で出典表記があったので確認したところ、間違いなく浅川直輝さんだった。デスク職になっていらっしゃったのだね。

1110時更新

2017.11.26のひとりごと

Ayasaさんのファンなのだが、いまさら気が付いた。Bravely Defaultのラスボス戦の曲は「戦いの果てに」なのだが、原曲はこれなのね。で、Ayasaさんの「BEST IにもAyasaバヨリン版あるという。ゲーム原曲をベスト盤に入れてくれているあたりもAyasaさんはヲタリストの面目やだねぃ。

NHK NEWS WEBに「人工知能で社員データ分析 最適人事で人手不足に対応」という記事で東京エレクトロン株式会社が取り上げられていた。人事評価すらできないボンクラ管理職と経営者でございと自白しているに等しい。よくこんな自爆ネタをヘラヘラ自慢げにNHKに記事にされているのか全く理解できない。自分で何ら考えられない無能の管理職と経営陣がいる上場企業ですってよ。管理職以上の首を全部切り飛ばせば経営合理化できていいのでは?

2327時更新

2017.11.22のひとりごと

CNET Japanに「「Android」端末、位置情報サービスOFF時も基地局情報を追跡–修正へ」という記事があった。Android搭載端末の最大の問題として、搭載したOSの面倒は端末メーカーが主導権を握っているために、Googleがreleaseしたパッチが必ずしも全ての端末に配信されないということだ。

朝日新聞デジタルに「メドベージェワ、右足の骨にひび GPファイナル欠場か:朝日新聞デジタル」という記事があった。正確には右足の甲の骨だそうだ。時期的に平昌オリンピックにも影響が出なければ良いが。

朝日新聞デジタルに「兵士脱北時の映像を公開 追跡兵、軍事境界線越えるという記事があった。国連軍が、徒歩での脱出の前の、軍用車での侵入を公開されているmovie以前から注視していたことがうかがえ、さらに単独車両であることから脱出を想定し、支援をする子とをを考慮したのか、進路の前をカメラのアングルが変わることから、これを変更できるカメラであることが分かる。北朝鮮兵士を救出する場面では赤外線映像だね。

1546時更新

2017.11.20のひとりごと

毎日新聞に「必殺仕事人:東山紀之版が10周年 来春SPに故・野際陽子さんも最後の出演という記事があった。すっかりジャニーズ時代劇になっているが、それほど鼻につかない時代劇となっていて好きな番組である。現代劇よりも想像の入り込む余地があり、「物語」を構築できる時代劇が続いてくれてうれしいものだ。

1305時更新

2017.11.13のひとりごと

ITproに「永井昭弘のそれって丸投げ?ユーザー責任を斬る – 悪質な開発者にご用心、怪人物に共通する5つの特徴」という記事があった。このblogを購読なさっている方には、「怪人物には共通の特徴」と列挙されている5項目に全て該当する人物がすぐに2人思いつくだろう。そう、佐賀県知事選挙で県民に不要と断じられた樋渡啓祐とその茶坊主の杉山隆志だ。この2人に食いつかれている地方自治体の公務員の皆様においては、良く振り返ってみてはいかがだろう? 特に佐賀県三養基郡みやき町は、杉山隆志を介して労働マルチに税金を突っ込んでいるは分かっているよね?

TouchOven for Mac 1.2.18 : MacUpdate」のverssion historyによると、まだDeveloper Beta test中のmacOS High Sierra.2では、初代Magic Mouse用のGestureをhackするためのAPIがなくなっているそうだ。初代Magic MouseとMagic Mouse 2は、batteryが単3から内蔵リチウム電池へ変更された以外には変わっていないように思えていたが、firmwareとmacOS APIレベルで差があったということか。愛用している初代Magic TrackPadについては、言及がないのでまだ使い続けられるかな?

Magic * 2世代は、batteryが内蔵で交換ができないのでbatteryの寿命が製品寿命になってしまうこと、内蔵された電池が一般的に充放電回数上限が500回でリチウム電池であるという欠点を持つ。それに比べて、eneloopを使用することにより単3電池を捨てるということなく、製品の物理的寿命まで使い続けられるという利点があるので愛用している。

2317時更新

2017.11.10のひとりごと

IT Proに「情総研レポート – 広告に代わるビジネスモデルになり得るか? 暗号通貨マイニングの可能性」と「ニュース解説 – FinTech?マルウエア?無断でスマホCPU使う謎のサービス」という記事があった。情報通信総合研究所 主任研究員 小川敦と日経SYSTEMS 白井良なる人物は、日本国内においては刑法に不正指令電磁的記録に関する罪があることをご存じないのだろうか? 「広告の代用になるから」などという論点主張の前に、Webコンテンツで表示されず、認識できないものを告知なく動作させることは不正指令電磁的記録供用に該当すると思うのだが。

0922時更新

2017.11.07のひとりごと

4Gamerに「Intel,Radeon搭載の第8世代Coreプロセッサを開発中と発表。2018年第1四半期に市場投入」という記事があった。これならRyzen Mobile on Macの夢を見なくとも済むかもしれない。

ロイターに「日米印が日本海で6日まで共同訓練、米空母レーガンも参加」という記事があった。ん? ヴィクラマーディティヤさんが日本海まで来るの?

4Gamerに「DUALSHOCK 4に特殊操作を割り当てられるというデバイスがサイバーガジェットから登場。事実上のチートツール?」という記事があった。一般的な媒体であれば、倫理的な問題は捨て置いて、これこれに使うとこんなに楽ちんと書くが、そこはさすがの4Gamerらしい指摘で結んである。

1715時更新